2015年03月01日

高尾ナイト&暗闇書道 一号路を行く!

夜の高尾山登山を楽しんでいます。
いつも運転手をしてくれてる、立川の中村さんの高尾ナイトと、
私の暗闇書道で「高尾ナイト&暗闇書道」です。

毎回、Facebookと紙匠雅で参加者を募集しております。
今回の参加者はサックス奏者で作曲家の小園さん 2度目の参加です。
十弦ギターの眞田さんと、ハングル書道・アート作家の渡邊さんが
初参加です。

一号路は、登り始めてから しばらくは急な坂道が続きます。
いつも立ち寄る展望台に、今回は階段を登って行きましたが、結構キツかったです。

image.jpg

山頂のトイレが開いていて、使えたので安心でした。
高尾山山頂での夜景は、本当に素晴らしいですね!

image.jpg

image.jpg

今回の暗闇書道では、前回同様 今感じてる言葉を、思い思いに書いて
楽しみました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

仕上がりは、こんな感じです。
紙匠雅の店頭に飾ってありますので、ぜひ 会いに来て下さい。

image.jpg

image.jpg

書き終わる頃には、寒くなってきて急いで身支度をして、トイレ脇から
薬王院の裏側まで降りました。
ムササビの巣の脇の木の上に、本物のムササビが止まっていました。

image.jpg

ムササビが見れて、本当にラッキーな高尾ナイト&暗闇書道でした。

image.jpg

posted by 頑張れ・みやび君 at 08:22| Comment(0) | 日記

2015年02月13日

久々の「中吉山歩」は堂所山(どうところやま・370.06m=相模原市緑区中野)でした。

中吉山歩(なかよしさんぽ)とは、相模原市緑区に住む、日本百名山を達成した
中村夫妻と、私達吉田夫妻の山歩きネームです!

津久井町を細かく歩いたのは初めてで、古い家並みが続いて街歩きには、
とっても面白いようです。

コミュニティ公園を登って行くと、珍しい竹を見つけました。
四方竹と言って、四角い竹でした。

image.jpg

写真でわかるかなぁ? 切り口は こんな風ですが・・わかるかなぁ?

image.jpg

何とも可愛らしい六地蔵の脇を、登って行くと 観音寺がありました。
急な階段を登ると、鐘つき堂があって城山や 三井大橋などが見えました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

枝垂れ桜と 古桜の大木もあるので、桜の季節が楽しみですね!
蝋梅も咲いていました

image.jpg

歩きやすい山道を進むと、四方竹がたくさん生えていました。

image.jpg

右手の方には、津久井の山々が見えています。
女性人が、涅槃像と言っていましたが、どうですか? 見えますか?

image.jpg

堂所山に着いたら すぐに食事にしましたが、そこで思わぬ ハプニングが︎
私達夫婦が二人で山歩きを初めて、100山目だったんです!

image.jpg

image.jpg

中村夫妻の優しい気遣いに感謝です!
中吉山歩って良いですネ!
中吉山歩と言えば、山頂での書遊びです!

image.jpg

image.jpg

記念の言葉を書いて、元祖 山頂書道を楽しみました。

image.jpg

image.jpg

儀式の後は、戦争中にB29を監視していたと言う、監視所に立ち寄って
無事に下山しました。13日の金曜日楽しい一日でした。

image.jpg

image.jpg

posted by 頑張れ・みやび君 at 22:12| Comment(0) | 日記

高尾ナイト&暗闇書道

明日の夜 高尾山に登ります! のメールで集まった5人での高尾ナイトでした。

立川の紙匠雅の前で、中村さん運転の車に乗った男性4人。
高尾山口駅で待っていた女性と5人で、稲荷山コースを登りました。

image.jpg

稲荷山コースは、ここ何年も登って無かったので、こんなにも階段が多いので
キツかったです。所々凍ってるので慎重に歩きました。。

image.jpg

image.jpg

目が光ってる動物らしきものが、チラチラ見えました。
とにかく悩ませたのは、泥んこ道でした。
転ばないように、そればかり注意して最後の階段を、登り切りました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

山頂では早速「高尾ナイト」と、一人一文字書いて 最後にサインしました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

下りは、安全な一号路を降りて、途中でラーメンを食べて自宅まで
送って頂きました。
参加者の皆さん お疲れ様でした。

次回は、21日(土)と27日(金)の予定です。
posted by 頑張れ・みやび君 at 20:19| Comment(0) | 日記

2015年01月30日

夜の高尾山へ 暗闇登山楽しんで来ました!

お昼に急に決まった高尾山登山でした。
閉店後に、店で待ち合わせて中村さんの運転で、高尾山口に向かいました。

image.jpg

午後7時、ケーブルカー駅を出発して、6号路を登りました。

image.jpg

途中の、アジサイ、硯の石などで写真を撮るも、写りは悪し!

image.jpg

image.jpg

所々に凍結もあって、緊張しながらの登山でした。
マスクで、メガネも曇って ヘッドライトだけの明かりでは、見にくいのでで
ゆっくりと進みました。

image.jpg

6号路の難所の水場も、おっかなびっくり無事に通過して、後は苦手の階段で
少々息があがって、休憩でした。
木々の合間から夜景が見えて、気をとりなおして山頂へ!

image.jpg

帰りは、安全第一で 1号路を ゆっくりと降りて、9時30分に無事に下山しました。

image.jpg

image.jpg

posted by 頑張れ・みやび君 at 18:30| Comment(2) | 日記

2015年01月03日

八王子の磯沼牧場ミルクファームの、田んぼで凧揚げと書初めを楽しむ!

元日は、思いがけずの雪に ドキッとしましたが、一転絶好の凧揚げ日和と
なりました。凧は風が無くては飛ばないし、野外書道は風が強くてはやりづらい⁈
そんな意味では、寒くも無くちょうど良い天気でした。

新年おめでとうございます。
今年の干支の羊のいる磯沼牧場にいます。

image.jpg

集合時間より早く来たので、牧場内を孫娘と見て回っています。

image.jpg

大勢の人が集まって、焚き火を囲んで持ち寄った一品を、準備したり
一方では、和紙を使って凧を作りました。

image.jpg

凧作りが終わって、食事が終わってから田んぼに移動して、凧揚げが始まりました。

image.jpg

凧揚げを一旦中断して、10m超のロング和紙に プロダンサーのアオキさんの
パフォーマンス書道からスタートして、全員は書けませんでしたが、一人一文字ずつ
三線奏者のタケシィさんの、生唄に合わせてリズミカルに書きました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

三線奏者のタケシィさんの後ろに、磯沼さん、アオキさんと私が並んで記念撮影!

image.jpg

最後には、参加者全員(数人は帰った!)で書初めを持っての撮影で、イベントは無事終了しました。

image.jpg
posted by 頑張れ・みやび君 at 18:33| Comment(0) | 日記

2015年01月01日

新春 初歩きは 地元の城山湖一周でした。

新年おめでとうございます。

毎年恒例の、城山湖での初日の出は、2度寝したので諦め、迷いながらも
城山湖に向かい、とりあえず城山湖一周して、新年の初歩きとしました。
image.jpg

最近興味のある、夜登山は 城山湖では、アップダウンと木の根が多く、
ちょっと難しい気がします。
やっぱり高尾山口駅がある、高尾山が一番適しているようです。

草戸山で、新春初の記念写真を!
image.jpg

image.jpg

城山湖の水は、いつもより少なめでした。
image.jpg

そして、一周が終わった頃より雪が、チラチラと降ってきました。
コーヒーが飲みたくなったので、地元のカフェモカ壱番館に行きました。
新年の一番乗りの客のようでした。
水出しコーヒーと いつものセットを頼み、マスターと のんびり話して
新年の外出は終了しました。
image.jpg

image.jpg
posted by 頑張れ・みやび君 at 21:02| Comment(0) | 日記

2014年12月23日

夜の高尾山の山頂で 筆遊びを楽しむ!

高尾山口駅集合が6名と、立川の紙匠雅に集合したのが6名の
12名で、夜の高尾山に登りました。

通常の高尾山登山では、滅多に歩かない一号路を、ゆっくり登りました。

image.jpg

一号路は、ご存知のように車が通る路で、舗装されていますが登り始めは
結構急でキツかったです。
途中穴場の、絶景の夜景スポットに寄って、高尾山薬王院に お参りして
頂上へと進みました。

image.jpg

休憩所のテーブルに、大きな下敷きを敷いて大きな紙に、今回のために用意した
墨運堂の蛍光色墨液と、開明の金・銀墨汁とで、1枚目は全員に内緒の言葉を
順不同で書いてもらいました。

image.jpg

「夜の高尾山の山頂で筆遊び」
いつもは、夜から書き始めますが、今回は 番号がバラバラなので、皆さん何と
書いてるか? わからず ただ自分のだけを、思い思いの書体で書きました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

2枚目は黒い紙に、新月と冬至の重なった この日の思いを
自由に書いて遊びました。
この時点の寒さは、半端じゃない感じでした。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

書いてる時は、イマイチのようだった墨色も、蛍光色が冴えて結構
ヘッドライトに映えました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

寒さの中、降り始め 徐々に体が温まり、午後10時30分頃に予定より
遅く、登山口に戻って 記念写真を撮って、それぞれに家路へと戻りました。

image.jpg

image.jpg



posted by 頑張れ・みやび君 at 22:09| Comment(0) | 日記

2014年12月19日

宮ヶ瀬湖の巨大クリスマスツリーに行って来ました。

久しぶりに、横浜に居る 孫娘と二人でのデイトでした。
横浜まで迎えに行って、自宅に戻っても仲良く遊んでもらって幸せ気分でした。

image.jpg

image.jpg

夕方からは、宮ヶ瀬湖の巨大クリスマスツリーを見に、おばあちゃんと
従兄妹と5人で出かけ、楽しい時間を過ごしました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

餅つきを興味をもって見ていました。
image.jpg
posted by 頑張れ・みやび君 at 21:24| Comment(0) | 日記

2014年12月11日

陣馬山(857m)の富士見茶屋を借りて「和紙」に書く!

和紙が世界無形文化遺産に! 認定されました。
和紙を扱ってる関係者としては、和紙に書いて楽しんでもらおうと、
陣馬山山頂でのイベントを企画しました。

何時ものように、高尾駅で待ち合わせて2台の車に便乗したのは、
6名でした。
陣馬公園自然センターに車を置き、和田尾根コースを登り、
和田第二尾根コースを降りてきました。

途中には、形は良くないが シモバシラの花が咲いていました。

image.jpg

登り口と、山頂付近は急坂で ちょっときつかったですが、比較的あるきやすかったです。

山頂は、大勢の人で賑わっており、場所取りが難しそうだったので、富士見茶屋さんに
お願いして場所をお借りしての、山頂書道でした。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

途中で、中吉山歩の3人も駆けつけてくれました。

image.jpg

富士見茶屋のご夫妻は、山頂書道には参加しませんでしたが、喜んでくれました。

image.jpg

みんなで書いたものを、陣馬山のシンボルの前で飾して、記念撮影をして
完成を喜びました。

image.jpg

今年も残り少なくなりました。12月22日(月)には夜の高尾山登山と
暗闇の中での山頂書道を予定しています。

高尾山からの夜景は、素晴らしいので登山と夜景を楽しみたいと思います。
寒いので、山頂では一人一文字を書いて、楽しみたいと思います。

image.jpg
posted by 頑張れ・みやび君 at 16:14| Comment(0) | 日記

2014年12月03日

夜の高尾山登山に、初挑戦!

Facebook仲間でもある 紙匠雅の近くの中村さんに頼んで、初の高尾山登山に
行って来ました。初めての一号路でした。(ケーブルカー駅から歩いた事はあり)

image.jpg

私は登り始めが、いつもきつくて息を弾ませながら、登りました。
ヘッドライトと、足にライトをつけて、この日の為に ? 用意した防寒帽子をかぶり、
思ったよりも気持ち良い歩きでした。

途中、中村さんに絶景ポイントに案内してもらい、写真に収めました。

image.jpg

image.jpg

高尾山薬王院で、お参りして右手の方から登って、帰りは左手から
降りて来ました。

image.jpg

今回は、イノシシもムササビも見ることなく、山頂には着いて、ここでも
夜景の素晴らしさに癒されました。
ビジターセンターでは工事が行われており、一部作業の電気で明るかったです。

image.jpg

私のiphoneでは、夜の景色は無理なので、中村さんに撮ってもらいました。
さすがに、カメラ技術が凄いですね、肉眼でははっきり見えなかった富士山も
撮っていました。

image.jpg

午後7時に登って、午後9時30分頃に降りて、無事夜の高尾山登山は
終わりました。
今度は、高尾山山頂にて 暗闇書道でもやろうかと? 思案中です。

image.jpg





posted by 頑張れ・みやび君 at 20:53| Comment(0) | 日記