2011年04月05日

「独活(うど)和紙」誕生秘話!!

数年前から立川的な、オリジナル商品を考えていました。

その一つが、立川市の花「辛夷(こぶし)」をデザインしたシリーズです。
はがき、カード、ぽち袋、便箋、封筒、メッセージカード、一筆箋等々です。

079.JPG

次に考えていたのは、立川を代表する「独活(うど)」を漉き込んだ和紙を作りたいと
思っていました。ここで問題になったのは、「独活」の確保と、誰に漉いてもらうかでした。
立川周辺で作りたいと思っていたからです。

そんな頃、本間千絵さんが山口から戻り、杉並に工房を構えました。
遊びに来た本間さんに「うど和紙」の事を話したら、興味をもって
次回来た時、試作品を持ってきました。

「独活」を食べて皮を使って漉いたとの事、試作品を持って「うどラーメン」で
有名な錦町にある中国料理・五十番に行きました。五十番の高橋社長に「うど和紙」の
事を話すと、おおいに興味を示し「独活の皮」を提供してくれる事になりました。

うどのお菓子等は、皮まで使っていますが「うどラーメン」は皮を捨てていました。
ラッキーでした!! 五十番の高橋社長も商品の販売(当面ははがき5枚セット750円)
と宣伝を担当してくれています。

そうそう今日は、こぶしシリーズとホームページのデザインを手がけている佐藤さんと
「うどラーメン」を食べてきました。野菜や海の幸が豊富に入って、満足感いっぱいです。
もちろん、独活も入っています。


002.JPG

003.JPG

006.JPG

「独活和紙」は@うど和紙 A水滴紙 B打雲 の3種あります。
それから、うど名刺、はがき、レターセットを現在販売しております。

014.JPG

015.JPG

これから、本間千絵さん、五十番さん、紙匠雅で企画を練りながら、立川の
おみやげとして認知されるよう、努力してまいります。

002.JPG


posted by 頑張れ・みやび君 at 21:27| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
すばらしいアイデアーでお仕事も趣味も充実してますね。辛夷の花の色とりどりの製品、独活の紙
立川の名物となりますね。独活が立川でつくられている事聞いた事が有りますので、名品になる事
間違いない事と思います。協力する方がいらして流石、みやびさんのお人柄と思います。
頑張って下さい。
Posted by しらゆり at 2011年04月08日 17:25
立川の郷土色を出したいと思っていましたが、縁とかタイミングっていうのが、あるんですネ!
五十番さんの、独活の皮の提供、その一言が励みになりました。
立川に来たら、うどラーメン食べてみて下さい。
いつも、コメントありがとうございます。
Posted by みやび君 at 2011年04月10日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: